婚約指輪の選び方

永遠の愛を形で伝えるプロポーズ。婚約指輪はその意思の表れでもあります。贈る側にとって予算のことは考えたくはありませんが、現実は甘くありません。一般的な相場などどのくらいの値段のものを贈ればいいのでしょうか。

指輪の購入を検討するとき、一般的に考えるのはやはり予算です。中でも婚約指輪は給料の3ヵ月分というフレーズが定着しており、金額に対する不安が大きく、婚約指輪の相場が気になります。現実的には、結婚式や新婚旅行、これからの生活などを考慮し、過去の風習にとらわれない現実的な価格で用意する人が大半です。

ある調査によると、婚約指輪の購入価格は10~20万円未満のリングを購入した人が約24%と最も多く、次いで20~30万円未満の約21%となっています。つまりは10~30万円未満の価格帯が半数近くを占め、おそらくこの価格帯で無理のない範囲で購入すればよさそうです

ここで気になるのがもらう女性側の印象です。10~20万円の価格帯は思ったより安いとの回答が多く、30万円以上になると思ったより高いと感じる女性が多くなる傾向がありました。価格の違いはやはりダイヤモンドの品質基準である、カラット・カット・カラー・クラリティの4つの要素からくるものですが、婚約指輪に対する価値観は、男女ともに一番多いのは、婚約指輪は価格ではなく気持ちが重要という意見でした。