作者別: admin

婚約指輪のサイズ

男なら、事前に何時いつにプロポーズするような告知をする人はまずいません。きちんと準備をしてちゃんとフィットする婚約指輪を渡したいものです。そこで必要になるのが彼女の指のサイズです。さりげなく指輪のサイズを確認するにはどうしたらよいのでしょうか。

まずは寝ているあいだにこっそり測る方法です。まずは伸び縮みの少ない糸とペンを用意して、彼女が寝ている間に左手の薬指の一番太いところに糸を巻いて、重なり部分にペンで印をつけます。きつく締めすぎるとゆるくなってしまうので図り方は慎重に行う必要があります。そもそも起こしてしまい気付かれる事もあります。測るときは注意してください。

次に彼女が薬指につけている指輪があれば、そのサイズをチェックする方法があります。自分の指のどの指なら入るか、付け心地はどうだったか等を確認します。ただし、指輪を持っていない場合や、指輪を借りる行為そのものがそもそも怪しい行為なので、気付かれてしまう可能性があります。

次は、旅行やデートのときにファッションリングをつけてもらい、サイズを確認する方法があります。購入すると余計な出費にはなりますが、高価な婚約指輪のサイズ調査であれば大した出費ではありません。ただし左手の薬指に誘導するにはそれなりのテクニックが必要になります。あまり雰囲気が出そうなデザインは避けて、おもちゃっぽいふざけた感じのほうが怪しまれなくていいと思います。

婚約指輪の購入方法

婚約指輪を選ぶ際、まずは予算ありきですが、次に既製品にするか、オーダーメイドにするかを決めます。既製品は、ジュエリーショップ等で販売されているすでにデザインされた指輪を指します。現物を直接見ることができるためイメージもわきやすく、試着もできるため、つけ心地やバランスを確かめることができます。

それに対して、フルオーダーは、素材からデザインまですべて自分たちの希望どおりに指輪を作ります。唯一無二の指輪なのでその思い入れは既製品のそれとは異なります。指輪のデザインに詳しくなくても、プロのジュエリーデザイナーが、2人の希望するイメージを具体的なデザインへと落とし込む作業を行ってくれるため、希望に添ったデザインの婚約指輪が作れるようにサポートしてくれるため安心です。

既製品ではオリジナリティーに欠けるし、フルオーダーするほどのこだわりはない方にはセミオーダーがお勧めです。素材、デザイン、石などについて、いくつかのパターンの中から、それぞれ好きな物を組み合わせて指輪を作ります。元々あるデザインに多少のアレンジを加え、素材や石を変えるカスタマイズなので、ベースデザインから大きくかけ離れることが無いので出来上がりのイメージがしやすく、フルオーダーより短い期間で完成するメリットもあります。

【関連サイト】
婚約指輪(エンゲージリング)フェア情報|ガラ おかちまち 御徒町・銀座・新宿・横浜元町・心斎橋・梅田のダイヤ・ルース・ジュエリー
オーダーメイドで婚約指輪を作ることができます。